風水用品、開運パワーストーンの店「水晶堂」店長冨澤佐知子と申します。パワーのあるアイテムを揃えてますので是非ご来店ください!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘のこと
私は子供の頃、「小公女セーラ」がとても好きで、アニメや、本を、よく読んだ。

大人になって、百貨店に勤めるようになっても、辛い時には、本を読んで心を慰めて、自分は惨めな思いをしても、心は「小公女セーラ」のつもりで頑張った。

だから思う。

娘にも、そういう気高い心を持ってほしいと。

辛いことがあっても、「自分は小公女なんだから」と言う心意気で、気高く居てほしいと。

女の子はだれだって、「小公女」「プリンセス」だと言う心意気で。胸を張って生きてほしい。

今私の手元には、昭和33年6月11日発行角川出版の、母から譲り受けた「小公女」の本がある。

私が作ったブックカバーがつけてある。

娘が大きくなったら、譲るつもりだ。

娘も1年生になったことだし、アニメの「小公女セーラ」を見せてみようかと思った。
スポンサーサイト
子供時代と、大人の狭間に
トイストーリー3を子供が見ていたのをうっかり見て、号泣。

人形にとっての、(誰かの特別)と言うことの重要性、それはとりもなおさず、持ち主にとっての重要性ともシンクロする。

しかし子供はいずれ大人になる。

その時どうやって、子供時代と決別して、大人になっていくか。

一人の男の子が、大人になっていく裏で、(お気に入り)の玩具たちが、どんな働きをしているのか、非常に考えさせられました。

最期のシーン、ウッディーが、大人になったアンディーとあえて別れを選ぶシーン、

涙が止まりませんでした。

息子もだんだん小さい頃の玩具で、遊ばなくなってきました、

玩具たちは、古い家で、眠っています。

そして、私の実家にある、子供時代に妹と遊んだ、シルバニアファミリーで、娘が遊んでいたことを思い出し、

人形たちも、喜んでいるだろうかと、思いました。

しかし、(大人になっていく)事は、(子供の心を忘れてしまう)と言う事ではない、

むしろ、距離を置くことで、子供の心を、離れた視点から、より深く、理解することなのではないかと思いました。
地震
今日長野の北信地方で、震度5弱の地震がありました。

私の住んでいる、信州中野も、かなり揺れました。

昼ごはんを食終わった頃にあったので、

仕事からすぐ帰りました。

同僚、舅には、「たいしたことないから大丈夫じゃない?」

と言われましたが、念のため。

ケータイには、オクレンジャー(学校からの、全生徒へのメール配信システム)で、保護者の迎えを要請するかもしれません。と言うメールが届いていたのですが、まあ大丈夫だろうと言う、私の判断で、昼寝してしまいました。

そして、午後5時ちょっと前に、5回位の電話と、メールが届いていたことに気づきました。

あわてて子供たちを迎えにいくと、「もっと僕たちのことを心配してよ!」と言う子供の声。迎えに来てないのはもう、数人の生徒だけでした。

ごめんなさい・・・こんな母親でごめんなさい・・・

さだまさしの「防人の詩」聞いて号泣している場合ではない、

本当にひどい母親で、ごめんなさい。

PS.明日は授業参観、私はPTAクラス会長、まったくわたし大丈夫? 
大好きな物2
家族が大好きなから揚げです・

しゅうとめ直伝の料理です。

私にとって、しゅうとめは、とても尊敬できる人です。

時代もあって、田舎の農家に嫁いで、とても苦労人です。

それでも逆境に負けず、介護の仕事を長く勤め、ケアマネの資格もっとって、今でも仕事を続けています。

とても敬愛しているしゅうとめですが、そういう人が、こんなに身近にいると言うことは、とてもうれしいです。

から揚げのレシピ

鳥もも肉を、生姜の絞り汁、醤油1、酒1の割合で漬け込みます。

そして片栗粉をまぶし、カラッと揚げれば出来上がり。

信州人として、おやき、こねつけは伝授されましたが、後は野沢菜漬けを教えてもらえば、免許皆伝でしょうか。

がんばります。

画像 210
大好きなもの2
キャス キッドソンは、私にとって、「幸福な家庭」「幸せな生活」の象徴です。

私は子供の頃、なぜか辛い記憶が頭にこびりついて、両親に対しても、いまだに複雑な感情を抱いたままです。

両親は、私に良くしてくれたと思っています、でも私には、大切な何かが、いつも足りないように感じていました。

贅沢な悩みだとわかっていても。

今私は、夫の両親と一社に暮らし、窮屈で、大変なこともありますが、幸せなのだと思います。

夫には手ひどく裏切られたりもしましたが・・・

しかし、今の幸せの裏には、何かしらの犠牲が払われているような気がして、いつも胸が痛みます。

柳田邦夫さんの著書、犠牲(サクリファイス)我が息子、脳死の11日を思い出します。

そして、中島みゆきの「エレーン」も・・・

風に溶けていった お前が残していった物と言えば

おそらく だれも着そうにも無い 安い生地のドレスがかばんにひとつと

みんなたぶん一晩で 忘れたいと思うような悪いうわさ どこにも お前を知っていたと くちに出せないやつらが流す悪口 ラララ・・・

みんなお前を忘れて 忘れようとして幾月流れて 何も知らぬ子供が 引き出しの裏から何かを見つける 

それはお前の生まれた国の金に変えた僅かなあぶく銭 そのとき 口をきかぬお前の 寂しさだけが私にも聞こえる ラララ・・・

エレーン 生きていてもいいですかとだれも問いたい エレーン その答えをだれもが知ってるからだれも問えない

画像 207

SEW!の付録で、作ったバッグ。愛用のソーイングの本。

画像 208

キャスのコレクション

画像 209

細かいはぎれも、大切にしまっています。箱も手作り。
Copyright © 2017 風水生活. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。